2003年  4月〜6月          

6/27  梅雨の晴れ間、いっせいに蝶々が飛び始める。 蝶々は嫌いなので不気味。

     

アカパンサスは毎年勢いよく咲いてくれる。   左の黒い蝶々は始めて見る。背中側は青く光り、外側には赤く丸い模様がある。
まるでツバメのように早く飛ぶ。 アゲハチョウとは違うみたい。 気味が悪い。

くちなしの花が
好い匂い。

サルビアも
元気。


6/16  梅雨 毎日降り続く雨にうんざりの日々。 庭の隅のビースケの塚の前に萩が咲いた。
   みどりの里の花菖蒲が満開。

        

4/20 L.ビースケとよく出掛けた町の資料館「みどりの里」で、今年も陶芸教室が始まった。


 「みどりの里」への道すがら早くも田植えが始まっている。
そう言えば、夕方にはカエルの鳴き声を耳にするようになった。
あちこちの庭には平戸ツツジが満開。

町の体育館の石垣には、芝桜が咲きほこっている。
「みどりの里」では、盛りを過ぎているが蓮華草がまだ残っていた。
山藤も咲き始めた。
サツキもそろそろ咲き始める。

係りの人が花菖蒲の手入れをしている。

 
4/17  先週、ボランティアグループ「花づくりの会」の人たちと日帰りバスツアーで三重県長島の
  「なばなの里」に出かけた。 丁度チューリップまつりの期間中で大迫力、とても見ごたえがあったので、
  翌週、老母の88歳の誕生日のお祝に甥や姪も誘って出かけた。


 61.5万球のチューリップの下に
ビオラやセキチク等を配置して
植えている。
その組合わせ、配色はみごと。

あまりにスケールが大きいので
航空写真でないと全体の様子が
伝わらな
い。


4/6 長く更新をサボっているうちに、桃も木蓮も桜も咲き終わり、季節はもう田植えの頃に進んでいる。  

   
今年のチューリップは、S.ビーが踏みつける、折る、引っこ抜くと大暴れしたので歯抜け状態。
黄色とピンクの列が丁度走りぬける通路になり全滅。
フェンスの所にガムを隠す最中の花ドロボウ君がかすかに写っている。
遅さ咲きの八重のが終われば
今年のチューリップはおしまい。