1歳 その3   (2004年7月〜10月)

10/31  楽しみにしていた「犬馬鹿クラブ」の運動会が雨天のため延期になる。

小雨が時々降る程度なので、ドライブに出かける。
グリーンピア南紀の跡地は一部解放されていたので
緑の迷路でビースケを遊ばせる。最初は見通しがきかないので
恐がっていたが、その内こちらが慌てるほど走りまわり、
ついには垣根の隙間を見つけて脱走。
 湯川温泉の「きよもん」は、1500年も前からの温泉とか。
そこのレストランで昼食。
湖には合鴨が泳いでいて、藻などを食べている。
1羽が水面を羽ばたくと、一斉に残りの鴨も従う。シンクロみたい。

10/17

 隣町紀和町の健康まつりから「犬馬鹿クラブ」に依頼があり出かける。
 この町は、日本一高齢化が進み、 65歳以上人口が52%ということである。 


高齢者へのサービスも行き届いていて、
皆さんとてもお元気。
 今回は、介助犬がテーマで大阪から
介助犬が来て、訓練師によるお話と
実演があった。


来年、長野県で開催される
スペシャルオリンピックのトーチランもあり、
皆で走者の応援をする。


聖火台の下でビースケもポーズ。
             

帰りはいつもの5匹組で
途中の喫茶店の側の芝生で
遊ぶ。
左からグレミ、ジロー、天、
むう、後にかすかに
見えているのがビースケ。

関節炎で安静を強いられて
いたむうちゃん。
久々のお出かけであったが、
元気でほっとする。


 10/10  すっかり更新をサボってしまった。 もう10月。
 和歌山県太地町の社協まつりでも「犬とのふれあいコーナー」があり参加。

ラブの 天ちゃんは、人間大好き。
いつもふれあいを楽しんでいます。
 いつもはスターのピレニーズのジロー君も
暑さには勝てず、頭にタオルを。
ブルドックのボスくん 今日は浴衣で登場です。
M.シュナウザーのシンシアちゃんとビースケ。 
ふれあいというより 日陰を求めてます。
バーニーズのハル君、いいこです。 フラットジコートのケンタくんはパパっ子。

 他に30頭くらいが参加していた。 
早々に退散し、熊野古道巡りをするというエー吉くんと道の駅「マンボー」の芝生でちょっとだけ会う。
おみやげを沢山頂き、ビースケはほくほく。


エー吉君もあまりの暑さにバテバテで
古道を歩くのを嫌がったとか。
道の駅「きのくに」の近くにいるバゼットハウンド君。
ここを通る時はいつも休憩して、L.ビースケとよく見にいったものだ。
すっかり年をとって吠えてもくれない。             
帰り着くと夕焼け空が美しい。


8/18  今年は台風が早く襲来し、コースもいつもとちがうようだ。 
  うら盆も過ぎ、暑さは少し落ちついた。

雨の日は、室内生活。
 ジャビットくんの運命やいかに?
台風の潮風で痛めつけられたコブシは、新しく葉をつけ花を咲かせた。自然の再生力に驚嘆。 雨がやんだら庭に出す。


8/15  親水公園の近くで遊ぶ。


公園へ行く途中、
もう稲刈りが始まっている。



公園の一角。
ビースケは恐くて近付かない。
お山の大将、俺独り。 降りて見せようか。 水は恐くないよ。

ピレニーズの親子。
ジローくんは、独りで深い所まで
行けます。


母犬のグレミちゃんは、
水が嫌い。
でも、ビースケと遊んでくれます。


7/31  長く更新しない間に7月も終わろうとしている。
  一昨日より台風10号が荒れ狂い、3日目にして漸く通りすぎてくれた。 潮を含んだ暴風雨で庭木や花は茶色に変色したが、大きな被害を受けずに済んだ。
 四国に上陸の恐れとか・・・ネットのお友達の方々が心配。
退屈なので7月の画像を整理。

 アチ〜イ!
余りの暑さにデッキの下にもぐったり、庭を掘り返してみたりと落ちつかないビースケ。
玄関のコンクリートがヒンヤリするらしい。
 Welcomeビーグルをフェンスの外に置いたら、気になるらしく通るたびに
クンクンしている。

 7月18、19日と湯浅の「パートナーズハウス」へ行った。
神戸からコーギーのロンド君を連れて、知人が泊まっているのに合流させてもらった。 余りの暑さに画像を撮る気にもなれなく残念。

コテージでロン君と プールにはちょっと入ったけど、バーニーが飛び込むと恐れをなして上がってしまった。 やっぱり大きい仔が好きなビースケです。

 レストランのデッキで寛ぐビースケ。

ドックランでは、バーニーズやラブラドール達とオッカケッコを楽しむ。
芝生で、アジョリティーの練習をしているダックスフンドがいた。
その飼主さんにリードしてもらって、ちょっとだけビースケもやらせてもらう。

宿の子牛ほどもある真っ黒な二頭のグレート・デンが、ディナーの後に
挨拶に回ってきた。さすがのビースケも余りの大きさにチョイビビリ。

レオンベルガーも二頭いてドックランで一緒に遊ぶ。
ビースケの余りのしつこさにオーナーさんから10ヶ月の仔は
脚が丈夫でないとかで、ストップがかかる。
湯浅の帰りに熊野古道、中辺路を走った。途中、ジェット船で瀞八丁を訪ねる。
一昨年訪ねた時は五月で、サツキが咲いていて目を楽しませてくれた。小雨の中でもあり幽玄の世界だったが、今回は二週間以上も雨がなく、岩肌が乾いていて少し見劣りがした。でも、友人は大感激。
中休みの河原で鮎の塩焼きを食べる。 ウーン、ビール飲みたかった。

その間、ビースケは船乗り場の事務所に預かってもらう。