犬馬鹿クラブデビュー   6ヶ月の頃  1歳〜  1歳の正月〜  1歳の夏  2歳


 2004.9.26 富田林市
のジークくんとメイプルちゃんカップルに4匹の子供が生れた。

みんな元気で里親を募集しているという。

どの仔が我家に来る仔かな。


ジークパパさん撮影

プロフィール  

本 名: ANNIVERSARY ALICE OF SIEG HOUSE JP(アニバーサリー アリス オブ ジークハウス JP )
通 称: チャコ  チャコタン チャコリン
出生地: 2004年9月26日 富田林市 SIEGパパさんの所で生れる。 4頭(牡2、牝2)の長女
好きな物: 食物なら何でも。 ビースケ兄ちゃんとのバトル。 横っ飛びしながら引き戸を開ける特技を習得。
苦 手 : 車酔いするのでドライブ、目下克服の為の練習中。

 

2004.12.23 チャコが我家に

 老母がビースケはひとりで可哀想と常々言っていたこともあって、多頭飼いに踏みきることにする。
自分の年齢を考えると、もっと小型犬にすべきと思ったが、ビースケにとっては同種の方がよかろうということになる。

 2004年12月23日、富田林市まで迎えに行く。
父母犬と4匹の子供達が一斉に鳴いてそれはそれは賑やか。

 出産前後のご苦労話などを伺うつもりでいたのに、とてもかないそうもない。

 それと思っていたより両親も子供達も大きかったので、散歩のことなどを考えると不安になる。

で、草々に退散する。

高速道路の入り口まで案内してもらう。
 親心というか、パピー達への愛情いっぱいのご夫妻の心遣いの品々。
生れてからの毎日の写真と体重を記録してアルバムにしてくれている。

奥さまにご挨拶もできずに帰ってきてしまったのが心残り。

和歌山市まで車、後はJRで帰る。
乗り物酔いをするとのことで心配したが、車の中で一度嘔吐しただけで治まる。

いつもは使わないグリーン車にしたのがよかったのか、2時間半もの間ゲージの中で丸くなって眠ってくれ助かった。

 我家に到着後、食欲は旺盛、元気。
 疲れているだろうから、ビースケとの対面は翌日にと思い2階に連れて行く。

ところが、ビースケが察して鳴くのでチャコも騒ぐ。

仕方なくちょっとだけ会わせる。 神妙なチャコ。

夜は、環境が変わって落着けないのか鳴く。
2時間ほど胸に抱いてお守り。 その後はスヤスヤ。

12/24 翌朝、すこぶる元気。 12週で体重3.1kg。 ビースケは16週で2.5kgだったが・・・。

ビースケのゲージに入りガムを取る。 ビースケが興味津々で近付いても平気。 ビースケのゴリラはもうチャコのもの。

2005.1.1  始めてのお正月。 体重3.5kg、すっかり馴染んでいる。 お天気のよい時はデッキに出す。

1/3  暖かいので庭に出す。 超お転婆。 ビースケもタジタジ。手足は頑丈そうで大きいが、体はクネクネと柔らかい。 こんなに激しく動いてもいいのだろうかと心配になる。

 2段の階段を飛び下りる。ウッドデッキの下から・・。庭中を走りまわる。

1/6 2回目のワクチンと身体検査のため獣医さんへ行く。  10分ほど走るとやはり吐く。 
  体重3.8kg、発育は異常なし。 左耳が外耳炎になっていて処置をしてもらう。 爪切りをしてもらう。