2002年   1月〜3月

1/13  新年もはや2週間が過ぎた。
    今年は、元日はまずまずの天気であったが、2日からは寒波の到来とかで、暖かい当地でも風花が
    舞ったり強い風が吹き荒れた。
    11日から暖かくなり、今日は室温で20度もあり、南側の部屋は窓を開けていたいくらいである。

                                        4年前に植えたきんかんが、一昨年からたくさんの実をつけてくれる。大きい実から色付き甘い。 小鳥たちに食べられる前に収穫をと思いつつ、もう少し熟れたら写真をと、採らずにいたら美味しくなるのを待ちかねて鳥たちがつっついている。 今年もキレイな実は大方食べられてしまった。
それでも2sほど採り、半分は小鳥のために残しておく。


夕方から犬馬鹿クラブの人間のみの新年会に出席。
犬の名前ビンゴや、ヒットペット大会で盛り上がる。
ビンゴは、早くからリーチになったものの完成したのは5、6番めでシャンプーとリンスの賞品獲得。  ヒットペットはトーナメント形式で行なわれ、2回戦で延長戦のすえ2:1で負けた。なんと、その対戦相手は優勝。ペットボトル一本で大の大人がけっこう燃え、面白かった。

2/6   ビースケの交通事故も全快。
   やっと、散歩を楽しむ気分になる。 いつもの散歩道で見かける椿は1本の木でさまざまな模様に咲き分ける。

少しづつ微妙にちがっていておもしろい。

3/10   3月も半ば、暖かい日が続いている。  

 
我が家の小さな白木蓮は、やっと開いてくれた。 
 昨年は蕾をつけたものの開かず蕾のままで夏をこした。         
 植木屋さんに相談すると、土があってないとのことで植え替えてもらうとその年越しの蕾が開いてくれた。             
                  
庭の隅に野生のスミレが咲いている。
                  
     コブシは、昨年秋の台風で潮風が
       3回も当たりもう枯れてしまうの
       かと思っていたが何とか咲き始め
       た。  しかし、白い花のはずが
       薄い紫色がかかっている。   
       不思議だね。

大犬のふぐり??という
カワイソウナ名前の花を見たことがありますか?
とても爽やかな空色で可愛らしい花です。
散歩の時、この花のことを思い出すのですが、確かに形が似ています。
名前をつけた人も犬好きだったのかしら。


てんとう虫を今年初めて見ました。


タンポポもいくら退治しても出てきます。

 3/28  全国的なガーデニングブーム、当地でもどの家も庭先やプランターに様々な花が咲き乱れている。
 園芸種の花は改良されて育てやすく、もちろん綺麗だけれど、野の花にはそれぞれの趣がある。
そろそろ蓮華草が咲く頃かと畦道を捜していると、蓮池でカエルが鳴いているのを今年初めて聞いた。 紋白蝶も飛び始めた。

   上段左から
  れんげそう  母子草   
名前は? 金魚草の原種?
 最近道端でよく見かける。
 キランソウ
(ジゴクノカマノフタ)ともいう、恐い名前。      
   
   下段左から
  ムラサキカタバミ 
  きんぽうげ
  ムラサキゴケ  
  ヘビイチゴ

 我が家の庭はヒヤシンスが好い香り。 1つの球根から咲き終わった後にもう一房出てくるので、先の花を切り取る。

  紫、白、濃桃色      薄いピンク、クリーム色の順番に咲きました。         

  今朝の庭。

 100球○○円の格安の
 お楽しみ袋の
 チュウリップ。

 何が入っているのか
わからないところがミソ。

 右のような不気味なの
 もありました。