師走         12月

12/15    昨夜人形のお稽古の帰りに神戸ルミナリエに行った。
   1995年1月の阪神・淡路大震災で亡くなられた方々への慰霊と、神戸の復興を願って始められた
   光の彫刻ルミナリエも、今は観光として定着した感があり大勢の人で賑わっている。
   当時のことを思い出すと、今も胸が痛くなる。
   最初の年は昼間通り掛かりにチラと見たが、出かける気にはなれなかった。
    翌年は、ルミナリエの人ごみの中を複雑な思いで涙をこらえながら歩いた。
   神戸を離れた今も、毎年のように出かけているが光の美しさを楽しむ余裕もできた。

 
  
     

    クリックして頂くと少し大きくなります。
     

12/22  我が町でも、水害の被害にあって暗い気持でいる人々を慰めようと、3年くらい前から
   イルミネーションをするようになった。
   12月に入ると行政とボランティアの人が町内の各公園に飾り付けをしている。
   他に、個人の家でも年々工夫をこらし電飾を楽しむようになった。    


  特に今年は、町の資料館みどりの里で「光の祭典」として
  行事があった。  芝生広場がメーン会場で、周辺にも8万個
  の電球による電飾がされた。
  人家が殆どない場所だけに、光がひときわきれい。
    
  大阪からアカペラグループ
「PYLON]を呼び歌ってもらうとの
  こと。 地元の高校のブラスバンド等も参加するという。
  姪っ子が司会をするということもあり、寒さを堪えて出かけ
  た。

  屋台も出て多くの人々で賑わっていた。                
                        
仮設のステージで寒さの中
 白い息をはきながら歌って
 くれる
「PYLON」
 
 楽器を全く使わず、ベースや
 ドラムの音も口で出す。

 中々の迫力。                     


   12/24  クリスマスイブ・・・・と言っても・・・・・・★☆
      雪国のみなさまにブーゲンビリアの画像をお贈りしましょうか。

                 近くの家にブーゲンビリアが咲いてます。
高さ2mもある大株です。
この家の庭は南向きで塀と燐の家に囲まれて、風が当たらず暖かいのでしょう。   


我が家の裏の菜の花です。