清里旅行 10月28日から3泊4日で、かねてから憧れの清里旅行にでかけた。
   年齢的なこともあり、まわりの人は心配してくれたが、姪にサポートしてもらい思いきって決行。

 
   出発時は曇りであったが、清里に着く前から
  濃霧となり、恐る恐るの運転。
  4時には到着でき、ほっとする。

  ディナーの後、ペンションのビーグルたちが
  交互に挨拶をしてくれる。

  翌朝は、好い天気でマッキンビーグルたちに
  改めて熱烈歓迎を受ける。
        
羊にも興味津々

 八ケ岳の紅葉はもう終わり。

 好い天気に恵まれ、行く先々
 から富士山が望める。
 落葉松の明るい林をいくつも
 抜けて、清泉寮や
 清里の森を訪ねる。

 清泉寮は、レストランには
 犬は入れないので、取りあ
 えずソフトクリームを食べる。
 ビースケにも少しだけ。

 アジョリティーにも挑戦。
 
 
萌木の村では、ハローウインの飾り付けをどの店も競ってしている。
白樺に木で作った鹿? 公園のあちこちで見かけた。
各店の入り口には、犬をつなげるようにしたドックパークがあり、ゆっくりと買い物が
できるように工夫している。
中央の広場で沢山の犬をみかけた。 ゴールデンのような色のボーダーコリーが
フリスビーをしてみせてくれた。 ボーダーコリーは白と黒色と思っていたので驚き。

メリーゴーランドのカフェでちょっと乗ってみる。恐々と。
ミルクを取ってやったら、持ってきてくれたウエイターに一生懸命愛嬌をふりまいて、
お変わりをもらおうと頑張るビースケ。

  清里で2泊した後、諏訪湖へ。湖畔で美味しい蕎麦を食べる。
  ビーナスラインが無料になっているとあってドライブ。
  快晴で北アルプスや富士山もよく見えた。
  車山高原リフトが運行されていたので、いくつも乗り継いで頂上へ。白樺湖を一望。
  もちろんビースケは車の中で待たせる。こんな時、ビースケはほんとに良い仔。
  鳴きもせずおとなしく待っているので、愛しい。

  最後の夜は、三井の森のペンションで過ごす。オーナーご夫妻は関西出身との
  ことで思いっきり寛がせてもらった。
  ペンションの愛犬コラ君にも挨拶。