長月       9月


9/3   とても暑かった夏も終わり、朝夕は寒いくらい。
      今年の天候は気まぐれだね。
      台風11号で海風が当たり、半分の葉をもぎ取られていた柳の木が再び芽吹いている。
      倒れたムクゲの木を植え替えたら葉っぱが全部枯れてしまった。
      が、万一との思いで水をやり続けたらなんと枝の先に新しい芽が出始めている。
      植物の回復力に驚嘆。        


 家のかげになり潮風をまぬがれた萩は今盛り。
  その下に白い花が咲いている。  球根で毎年咲くが名前を知らない。  今度、植物図鑑を買おうかな。



 潮風で葉っぱが縮れていた芙蓉も元気を取戻す。

9/17   秋らしく涼しくなったなんてウソ! 暑いよォ〜。
     台風15号が、また潮風をブッカケてきてせっかく芽吹いた柳、桃の木の芽が茶色になってしまった。
     風の通り道のコスモスも全滅。
     台風の後も、爽やかな秋空とはならず雨が残っていて蒸し暑い。
     2週間近くも台風16号にいたぶられている沖縄方面の方々は、本当に大変だろうと同情する。

     アメリカのテロ事件のその後が毎日報道され、今にも戦争が始まりそうで恐い。    

気候が変と言っても、
彼岸花(曼珠紗華)
が時期をたがわず咲き始めた。 
 
                
右は、ツリガネニンジン
この花も道端でよく見かけたが、最近は少なくなった。
一昨年、移植したのがこんなにみごとに咲く。

    見つけたよォ〜〜。
    「南蛮キセル」 ススキに寄生して咲くん
    だって。
    葉っぱはなく茎の先にパイプのように
    咲いている。

    『道野辺の 尾花が下の思い草 今更
    などに物かおもはむ』  
           (万葉集 巻十 二二七○)