名古屋オフ会          (2004.4.25)


4/24  小さな旅の大冒険  かねてより行ってみたいと思っていたビーグルオフ会が知多半島で
  行われるとあって参加することにする。
  と言っても、今回は一人で参加のため日帰りは無理と判断。
  鳥羽の近くに泊まって、旧友たちと会食を計画。

 伊勢志摩国立公園/阿児という所にあるペットと泊まれる宿
「ペンショングーグー」さんにお世話になる。 環境庁が管理する展望台や創造の森の側なので、環境はバツグンによい。
ドックランはないものの散歩道や桜の公園、菖蒲園などがあり、6月にはホタルも飛交うとか。
今は、サツキやカラーが咲いていて木道を歩いて行ける。
早朝には、ビースケも20mのリードで遊ばせる。
オーナーご夫妻は素朴な感じの方々で、一生懸命にもてなしてくれ料理も美味しく、旧友たちも大満足。
夕食の間、ビースケはゲージに入れ部屋で待たしておいた。
ロックが甘かったのか、抜け出して昼の残りのアンパンをたいらげ、餌のケースもひっくり返している。
やられた!!  食べ過ぎでお腹を壊しているのではないかと、一晩中気にかかる。幸い、少し下痢をしただけでおさまった様子。

翌朝、伊勢湾に登る朝日は真っ赤で実にみごとだった。

4/25   翌朝、鳥羽からフエリーで70分、モロ崎港へ、ところがフェリーの中でパンクしていることが分る。
  後の車の男性が親切にタイヤを交換してくれる。 全く始めてのことで一時はパニックになりそうであった。
  それに、高速を走っている時にパンクしていたらと考えると冷や汗がでる。
  遅れて参加したが、ドックランファームさんでは主催者のユーちゃんとかりんママさんが出迎えてくれる。

 受け付けには、お世話をしてくれたかりんママさんのかりんちゃんがオシャレをして待っていてくれる。
ビースケは一目で虜になって
しまい、猛烈にアタックする。

青いラガーシャツが
ビースケ
昼食後の休憩時間。
ビースケもとけ込んでいる。
 30匹のビーグルが
参加で賑やか。

いつものしつけ教室で
様々な種類の犬がいる
のとは少し違った感じ。
大人しく飼主さんの所にいる
仔も多かったが、
かりんちゃんのまわりには、
この集団が集まっていた。

エー吉くんは、少し離れて
「若造たちは騒がしいなァ」
って感じ。

MILO君?グレーのボーダー
シャツの仔とは大バトル。
最後にはバトルそのものが
楽しかったらしい。
 
 11インチ?超ミニの
ななちゃんにご挨拶。
カワイイね。でも、気は強そう。

 この男の仔にも
「お水ちょうだい」とご挨拶したよ。

 遅れて行ったので、紹介が
 終わっていてお名前わからず
 ゴメンナサイ。

 「オイデ、オイデ」ゲームは、飼主さんがけっこう本気です。 ワンたちは飼主さんが目当て?それともオヤツ?
「ダルマさんが転んだ」は飼主さんの運動神経が試される?
ベスちゃんたちが一発芸を披露してくれました。


エー吉くんとベスちゃんは、先代ビースケの親戚さんでしたので、以前よりネットでお知り合いだった。
暖かく歓迎してもらい楽しい1日を過ごすことができた。 かりんママさんを始め、お世話して下さったみなさんありがとう。ご挨拶できなかったみなさん失礼しました。
 
 帰りのフェリーの待ち時間に
 モロ崎港を散歩。
 夕暮れの伊勢湾をフェリーから。

 山また山のドライブも、後ろで
 ビーの寝息が聞こえて安心。
 正に相棒という感じで、
 快適に帰りつくことができた。
 犬連れの一人旅は始めてだっ
 たが、少し自信がついたかな。