2/23    

アルバムへ     成長記録へ     6ヶ月〜     8ヶ月〜   10ヶ月  清里旅行   1歳  

1歳その2     名古屋オフ会    1歳その3     2才・鳥羽わんパラへ   2歳その2     2歳その3

  3 歳       3歳の正月    4 歳

   2003年1月26日にビースケを亡くし、空虚な日々を過ごしていた。
 「犬馬鹿クラブ」の方々やネットのお友達に支えられて少しは落着いた頃、88歳になる母が
 暗くなっても電気もつけずにぼんやりとしているのを見てはっとする。
 自分の寂しさにばかり気を取られて、老母に対する思いやりに欠けていたことに気付かされたのです。
  早過ぎるかもしれないが、二代目ビースケを迎えよう! できるだけビースケに似た仔をさがそう!
 そう決めてペットショップに電話やネットで問い会わせた。
 何軒も問合せた後、ビーグル専門のブリーダーさんのホームページに辿りついた。
 埼玉県なのでかなり遠いと思ったが、画像を見て決め、2月21日姪と一緒に迎えに行くことにした。
 長旅になるので熱海温泉の「松喜旅館」さんを予約した。
ブリーダーさんに着くと、運動場で待っていてくれた。母犬、父犬にも会わせてもらう。

   
 左 母犬 エミリア
 (
AMORAL OF KIYOSUMISOW JP)

 右 
父犬 エディ
 
(DYNAMITE KIDS JP BEANSTALK)
  
 とってもなかよしのよう。


 
 ⇒ 迎えに行く前日に
        撮ってくれた画像。
     


最寄の駅まで送っていただく。
車に乗ってからは別れの時が近づいたのがわかるのかずっと鳴き続け、ブリーダーさんもつらそう。
心配したが電車の中では鳴くこともなくおとなしくしてくれる。
熱海の「松喜旅館」さんでは寂しいのか2時間置きくらいに鳴き続け、分離不安なのかと心配したが
翌朝からは超元気。我家に着いてからはぐっすりと眠ってくれる。

 
名前 彼の名前は始めから決まっていた。                     
ビースケと同じ名前では、彼の個が無視されたようで可愛そうかとも思うが、事実、身代わりなので
我慢してもらう。
区別のため先代ビースケは、ラージ(L)ビースケ、二代目はスモール(S)ビースケにする。

CHPSS OF KIYOSUMISOW JP (チェス オブ キヨスミソー JP)くん 
君の名前は今日からビースケだよ。

壁紙とバナーをMAYUKOUBOUさんにお借りしてます。